BIG FACE ARMY Project

3年半続いたレアメタル戦争終熄から5年、世界は安定したかにみえた。

しかし、報道されない人型兵器同士の戦いは、今だ異教の地で続いていた……。

About

ウルトラマン・宇宙戦艦ヤマト・仮面ライダーなどの作品には、当時の社会や将来人類が抱える問題が描かれていた。

そこには恐れる事無く立ち向かっていく、勇敢な大人達の姿があった。

今の子供達にも社会や将来人類が抱える問題を知り、何事にも前向きに取り組んでいく姿勢や勇気を培って欲しい。

正義や悪を知り、家族や友人と助け合い、慈しみあう気持ちを共に抱くことの尊さを感じて欲しい。

そんな想いを伝えるため制作に協力してくれるパートナーと資金を募集しております。

イラストだけでは「BIG FACE ARMY」の世界は、想いの伝わる作品にはまだまだ成っておりません。

子供達に想いが伝わり楽しんで貰うには、たくさんの人の技術とアイデアとネットワークが必要不可欠です。

そんな想いにご賛同や、ご興味を持って頂けたる方は「BIG FACE ARMY PROJECT」にご協力をお願い致します。

ご質問やプロジェクトに参加希望いただける方は、下記「お問い合せ先」に、ご連絡下さい。

History

2011年10月
「東京コンテンツマーケット2011」にて、淳が「ビッグ フェイス」のロボットデザインアートを墨絵で発表。
2012年3月
(株)ソフトバンク・クリエイティブ「GA graphic」(フィギュア・プラモデル情報誌WEB版)でストーリーブックを墨絵で週間連載開始。
2013年3月
「東京国際アニメフェア2013」でプレゼン用動画(PV)と「ビッグ フェイス」1/12スケールフィギュアを発表。

Story

先進国による資源獲得を目的とした新興国との戦い「レアメタル戦争」は終息に3年半の月日を要した。

息子と娘にとって良き父親だったR・アルバートは徴兵後に精神を病み、妻と同僚を射殺した。

無期懲役の判決から5年、兵士として優秀だったアルバートは服役中に国連治安維持軍の極秘召集を受ける。

子供たちに怨まれ生きる希望を失い、死に場所を求め戦地に赴いたアルバートに新兵器が与えられた。

最新ステルス性能を装備した汎用人型戦車・メタルアーミー『BIG FACE』。

強力な兵器だが、パイロットへの負担は大きく、搭乗時に必ず副作用を伴う振動抑制剤(マルス)を服用せねばならなかった。

激しい副作用に苦しみながらも戦い続けるアルバートの元に、子供達から手紙が届く。

「パパに会いたいー」子供達の苦悩の末の言葉だった。アルバートに生きる希望が生まれた。

「生き残って子供達を抱きしめたい!」アルバートの本当の戦いが今、始まった。

Design

ビッグフェイス・MA-α型の防御壁を下ろしていない非銃撃戦状態

アルバートや一般の傭兵が搭乗する先進国共同軍の主力メタルアーミー。

メタルアーミー専用銃、BF(ビッグフェイス)マグナムを持つ。

  • 全高:3,850ミリ(アンテナを除く)
  • 機体質量:8,150キロ

Figure

2014年夏に1/16スケールBIG FACE 他、ガレージキット販売予定!

Movie

東京国際アニメフェア2013で公開したPR動画です。

2014年春にはショートムービー「Time Trap」販売予定!

Contact

art production アトリエYAPA (池田迄)

BIGFACEARMY@gmail.com 【協賛・協力企業を、随時募集】